日本語辞書

lexicon.jp

TOP→

らーめん(ラーメン)
小麦粉に水分などを加えて、練って延ばして細切りにしてゆであげた麺と、特製の調味料を特製だしでといたスープをあわせて、焼豚やネギなどの具をのせて、お箸ですすり食すもの。
らーめんぶろ(ラーメン風呂)
ラーメン風呂の用語解説へのリンク
らくいん(烙印)
金属製(主に鉄製)の印で、赤く熱して用いる。人の体に押し当てて消せないやけどを負わせるためのもの。昔、罪人を生涯にわたって識別するために用いられた。炭火などをふいごで高温にしてその中で印を赤く熱する。
らくいんをおされる(烙印を押される)
消すことのできない、悪い評価を下されること。公衆の面前で辱めを受ける場合などで、周囲の評価として長く固定化されることにより、消すことができない意味と、辱めを受けた当事者として心に、消すことができない深い傷を負うという意味を表す。
らくいんをおす(烙印を押す)
何度も、理解しあうための手だてを打っても一向に改善されず、あまりにもひどい行いを繰り返す人物に対して、もはや関わりあうことを止めようと決意すること。その評価を自分自身の意識の中で相手に対して下すこと。「彼には烙印を押した。」
らくいん(落印)
振出人が小切手を発行する際に、銀行届出の印鑑を券面に押印しなければならないのに、それを怠って支払った場合、受取人がその不備を認識した時に、印鑑がおされていないことをあらわすための言葉。「この小切手は―により不備だ。」
らち(埒)
祇園祭の宵山期間中に、各山鉾町に建てられる山鉾を囲う木製格子の称。
らんかくせんじょう(卵殻洗浄)
卵殻洗浄の用語解説へのリンク