日本語辞書

lexicon.jp

TOP→

さいころ(サイコロ)
各面に数や記号を配した多面体であり、転がして止まった際に上面に来る値を結果として読み取ることで、偶然の選択を得ることができる小道具。心理的な制約による選択肢の狭さを排して、絶好の瞬間かつ潮時(サイコロジカル・モーメント「psychological moment」)を知る道具(サイコロジカル・ムーブメント「psychological movement」)ともいえる。サイコロの用語解説へのリンク
さいふ(財布)
その所有者の日常的な決済力の大きさを決定付ける入れ物。持ち運ぶことで、そこに充たされた資金を即時の意思決定で決済に利用できる利点がある。一方、他人の手に渡れば所有者以外にも利用される恐れがあるため慎重な管理が求められる。財布の用語解説へのリンク
ささやか(細やか)
一般的な水準に照らして、ちいさく、わずかばかりではあるが、あたたかいもの。 「ささやかな暮らし」「ささやかな贅沢」「ささやかな贈り物」
さしいれ(差し入れ)
頑張っている人を応援する気持ち
ざつ(雑)
扱いが軽く、主だっていないもの。
ざつだん(雑談)
扱いが軽く、主だっていない会話。
さむそないとについて(サムソナイトについて)
サムソナイトについての用語解説へのリンク
さらに(更に)
更にの用語解説へのリンク
ざりいけともりあおがえる(ざり池とモリアオガエル)
ざり池とモリアオガエルの用語解説へのリンク
さんはい(さんはい)
音楽の授業などで、「1、2、3、ハイ。」というところから。始まりのかけ声。