日本語辞書

lexicon.jp

TOP→あるいてゆこう霰天神山βその1あるいてゆこう霰天神山βその2
山鉾地図のページへ移動する ちまきのページへ移動する 礎石のページへ移動する 山鉾建てのページへ移動する 朱印のページへ移動する

あるいてゆこう霰天神山βその1

霰天神山(あられてんじんやま)の紹介です。霰天神山は京都市中京区錦小路通室町西入ル天神山町にある山です。油天神山と同じく天神さんを祀る山です。

あるいてゆこう霰天神山
霰天神山の説明 霰天神山の写真
占出山から錦小路通をさらに西へ進みます。多くの山鉾町が隣り合わせにある賑やかな市街には出店も軒を連ねます。このあたりから通りが祭の風景に変わってきます。2006年7月15日3時30分です。上れば山伏山、下れば菊水鉾が建つ賑やかな南北の室町通との交差地点にさしかかります。辻には北に山伏山、手前に占出山、向かう西側には霰天神山の提灯が互いに顔を合わせて立てられています。 占出山から錦小路を西へ 出店も目立ち始める錦小路
錦小路室町 錦小路室町を西へ
辻を越えて錦小路通をさらに西に進むと霰天神山の駒形提灯が近づいてきます。途中で北面に朱傘に提灯で飾られた町会所があります。京都の風情を感じる板張りの壁伝いに路地を奥へ進むと霰天神山の飾り席です。 霰天神山の提灯 霰天神の保管場所へ
天神さん飾り席への入口 路地を奥へ
奥に進むと部屋があり天神さんが飾られていました。建物を概観すれば費用をかけて丁寧に保守されている木造建築物であることがわかります。 路地に面して天神さんの部屋 飾られている天神さん

辞書関連項目



更新記録