日本語辞書

lexicon.jp

TOP→宝が池公園:桜の森から山間園路合流地点

宝が池公園:桜の森から山間園路合流地点

桜の森から山間園路合流地点までの山道コースの紹介です。

宝が池公園:桜の森から山間園路合流地点までの山道を紹介
説明 写真
宝が池北園から宝が池に向かう途中にある桜の森。そこにある石段の登り口は宝が池公園を結ぶ山間園路の入り口です。ここから、大文字五山送り火の法に向かうこともできるのです。この石段も天然石を切り出したもので、立派なものです。 桜の森から山間園路の入り口 桜の森の看板 園路の案内板
手すりのある石段登り 手すりのある石段登り
山の斜面を削って整備された石段をしばらく登ります。 手すりのある石段登り 手すりのある石段登り 手すりのある石段登り
手すりのある石段登り 手すりのある石段登り
石段を登り切ると、少しの空間があります。そこで振り返ると、国際会館の建物や、町並みが目に入ります。 石段を登り切った空間 国際会館の見える風景
ここから、一旦、道は下りとなり、下りきってまた登り、そして緩やかな登りの山道になります。そうしてしばらく進むと、右手に、天然石の椅子のような石柱が目に入ります。ここを下ると、宝が池に面した、テントを設営するような板張りのサイトのある場所にでます。 下りの山道 登りの山道 右手にすすむと宝が池に降りる地点
緩やかな登りの山道 緩やかな登りの山道
しばらく緩やかに登り道を行くと、また階段になります。道幅は一貫して広く、整然としています。山間ですが、登りの石段には、手すりがついています。石段を登りきるとしばらく緩やかな登り道となります。 緩やかな登りの山道 緩やかな登りの山道 緩やかな登りの山道 再び石段
手すりのある石段登り 手すりのある石段登り 緩やかな登りの山道 緩やかな登りの山道
しばらく進むと、大きい天然石がある空間にでます。この場所にある岩は、表面が山吹色になっている特徴があります。五山送り火の妙や、船形の山にも同じような岩がありました。 天然の岩 天然の岩
岩を越えると、少し広い空間があります。ここから左手の見はらしが、松ヶ崎丈ヶ谷かもしれません。写真の掲載はありません。 園路での少し広い空間
少し進むと、地面は舗装された道になります。そして、左手から合流してくる山道があります。この場所が桜の森から通じる別ルートの山間園路との合流地点であり、分岐点でもあるのです。 園路の合流地点
ここから道はカーブしながら緩やかな下りとなります。そして、大文字五山送り火の法からの山道と合流します。法に行くには、合流点を左に進みます。この合流点について、写真の奥は、松ヶ崎小学校付近から上がって来る山道です。右に行くと、妙のある狐坂方面。右手前に下って行くと、宝が池に面した野鳥の森に出ることができます。 緩やかな下りの山道 緩やかな下りの山道 法からの山道との合流地点
合流地点への山道 合流地点への山道

辞書関連項目



更新記録