日本語辞書

lexicon.jp

TOP→エクスプローラー余計なお世話

エクスプローラー余計なお世話

エクスプローラーWindows10では、デスクトップのタスクバーにあるフォルダの形のアイコンをクリックすると、エクスプローラーというタイトルのフォルダが現れます。このフォルダーは様々なドライブや他のフォルダやファイルにアクセスするための直感的なリンク集になっています。この仕組みをクイックアクセスと呼ぶようです。ところで、このエクスプローラーフォルダには、既定では最近使用したファイルが表示されます。この表示がくせ者で、ファイル名とともに、そのファイルの保存階層のアドレスが表示されます。例えばUSBメモリー直下のsecretフォルダ内のkyotoフォルダ内のmuseumフォルダ内の20170128.docという文書を開いたとすると、「20170128.doc USB ドライブ(F:)\secret\kyoto\museum」などと表示されます。これが共用PCである場合には、「この人は2017年1月28日に京都の美術館に行った時の文書を開いたのかな。」などと推測されることになります。たとえUSBメモリーであっても意味のある階層名をつけて保存しているファイルを開いた場合には、プライバシー漏洩の表示になりかねません。このように便利な機能でも、時にはおせっかいな結果となります。こういう機能は共用PCには不要です。必ずオフにしましょう。エクスプローラーフォルダーのメニューバーの表示タブをクリックして、直下にある設定項目のリボンの右端に、オプションというアイコンがあります。このアイコンをクリックするとフォルダーオプションが現れます。この全般タブを押したところに、プライバシーの設定項目があります。「最近使ったファイルをクイックアクセスに表示する」「よく使うフォルダーをクイックアクセスに表示する」の二つの項目にチェックボックスが付いています。このチェックを両方外して、さらにその下の「エクスプローラーの履歴を消去する」という消去ボタンを押します。これでこれまでの全履歴が消去され、以後保存されません。ありがとう。

辞書関連項目



更新記録