日本語辞書

lexicon.jp

TOP→大文字五山送り火:船形大文字五山送り火:船形続編

大文字五山送り火:船形

京都市北区西賀茂船山町にある船山の斜面にある船形。法、妙の山を見下ろせる高さからの眺望はすばらしいものです。京都ゴルフ倶楽部のコースを横切って山を目指すところも、何か不思議な感じがします。

大文字五山送り火:船形を紹介
説明 写真
上賀茂神社近くの賀茂川から見た船山。船の面積は法、妙よりも大きいものです。市バスは北大路バスターミナルから37系統の西賀茂車庫行きがあり、神光院前バス停で降りて歩いている方を見かけましたから、その手の方法で登山口までアクセスして下さい。私は自転車で行きました。自転車なら適当に船の方角を目指せばたどり着けます。京都ゴルフ倶楽部舟山コースのゴルフ場施設まで登ります。自転車は、ゴルフコースを横切ると、山道の脇などに止めておくことができます。 賀茂川から見た船山 京都ゴルフ倶楽部舟山コースをめざす道 ゴルフ倶楽部入り口
しばらく舗装された道のり しばらく舗装された道のり
アスファルトで舗装された道を進むと、ゴルフ場のコースが見えてきます。私はゴルフをしませんから何か新鮮な感じがします。地図で見てもそうですが、まさに、ここはゴルフ場です。 ゴルフコースがすぐ側に見えます。 登山口が見えて来ました。 安全確認を促す看板の文言
さらに歩いてゆくと、ゴルフ場施設の手前に案内板があります。船山に登るには、ゴルフ場のコースを横切る必要があるため、「必ず安全確認ボタンを押して」安全を確認して渡ってくださいということが書いてあります。山に登るのにボタンを押すとは、何とも新鮮な驚きです。 ゴルフコースを横切る際の注意を促す看板 ゴルフコースを横切る時に押す「安全確認ボタン」
コースを渡りきった所から振り返った風景です。坂の上にグリーンがあり、ゴルフボールが飛んで行きます。 ゴルフコースを横切る道の図 球を打つスタート地点付近
ゴルフ場コースを横切った所にも、同じようにボタンがあります。 渡りきった所にある帰路用押しボタン 山道らしい道 山道らしい道
ここから先は、山道らしくなってきます。地面はコンクリートで舗装されており、これは山の上の方まで続く道です。 山道らしい道 山道らしい道
途中で、明るくなり、船山が見えるため、右に折れて、草むらを通って山に登ります。このまま、舗装された道を進んでも、山を登ることができます。船山の火床は、法や妙と異なり、地面に井げたを組むので自然な感じです。船形外周を下から時計回りに進みます。振り返って撮った写真とあわせて紹介します。山にはわらびがたくさん生えており、それを目当てに摘みにくる方もあります。 船形に出る地点 緑が広がっている小道 続く船形外周登り道 登り道
火床 振り返って見た図 振り返って見た図 山菜の図
左から、道を見上げた写真、見下ろしている写真、登山途中の火床の写真、右端は、船形の中でもっとも西の端の火床の写真です。 整備された登りの石段 振り返って見た図 火床 船形最西端の火床
視線を、移すと眼下に京都市内を見渡すことができます。やや左の、市街地の中にある濃い緑色の山の延長線上に、妙、法の山があるため、これらの山を見下ろしている船形の高さを実感できます。 市内の眺め
船の左側の外周、三角の帆?の部分に沿って石段をのぼってゆきます。景色が良いので、そちらに気を取られながら登って、気づけばあっという間に船形の頂点に来ているという印象です。右に船形の頂点の火床の写真を紹介します。船山の岩肌も一部紹介しておきます。 左側の外周、三角の帆? すばらしい景色 続く石段 船形の頂点付近
船の頂点 頂点付近の岩肌
船形頂点に立って、京都市内を見下ろします。すばらしい眺めです。この場所で、しばし休憩をとって、満足して下山してしまいそうです。 頂点から見た市内眺め

辞書関連項目



更新記録