日本語辞書

lexicon.jp

TOP→あるいてゆこう北観音山βその1あるいてゆこう北観音山βその2
山鉾地図のページへ移動する 礎石のページへ移動する 山鉾建てのページへ移動する 朱印のページへ移動する

あるいてゆこう北観音山βその1

北観音山(きたかんのんやま)の紹介です。北観音山は京都市中京区新町通六角下ル六角町にあり岩戸山南観音山と並んで豪華な曳山の一つです。曳山には他に現在休み山の鷹山布袋山があります。北観音山は南観音山と対を成し、後祭巡行列の先頭を行く山です。一方の南観音山は現在、後祭巡行列の取りを務めています。北観音山を下から見上げると黄金色の天井を貫く真木の通し穴が六角形でした。六角町に掛けているのでしょう。

あるいてゆこう北観音山
北観音山の説明 北観音山の写真
南観音山から少し北に上がれば北観音山です。人の波の向こうには既に北観音山の真松が見えています。 南観音山より新町通を上がる 南観音山より新町通を上がる
少し歩けば東西の通りである蛸薬師通と交差します。この辻の北面、両側に北観音山の提灯が立てられています。 東西の蛸薬師通と交差する新町通 辻に立つ北観音山の提灯
蛸薬師通を越えると北観音山の町内なのでしょう。北観音山の駒形提灯も目前に迫ってきました。写真の中の人たちの視線に注目すれば、この先に幾つか見所があることを知ることができます。 蛸薬師通を越えて六角町 北観音山遠景
左側写真の格子の窓枠の中は、料亭なのか旧家のお座敷なのかは分かりませんが北観音山の模型や金屏風を展示しています。これは屏風祭と呼ばれるもので、それぞれの家に伝わっている秘宝を祭期間中だけ一般に公開する町の人の配慮なのです。それとは別に北観音山の手前、西側の建物だったと記憶していますが、そこでも金屏風や着物を展示していました。こうして祇園祭に見学者を迎え入れる京都人の思いが宵山の良さだと思います。 屏風祭として秘蔵品を公開する御宅 屏風祭として秘蔵品を公開する御宅
展示される着物 展示される金屏風