1. 患者用ミラー

患者用ミラー

歯をみがく際に、洗面台の鏡の前に一人で立っていると、どうしてもその退屈な作業を早く終わらせようという意識が働いて、歯みがきの作業が雑になってしまいがちです。

そこで、何かをしながら歯をみがくことが推奨されます。歯を磨きながらリビングルームで本を読んだりすることも一つの方法です。

しかし、洗面台の鏡の前を離れて歯をみがくと、どうしてもうまくみがくことができません。それは、鏡がないからです。やはり歯を上手にみがくためには、鏡が必要です。

患者用ミラーの図

そこで、退屈な洗面台の前から離れて、上手に長く歯をみがくために、手鏡を持つことをお勧めします。手鏡は、その辺のショップで売っているようなものですが、いざ探してみると適切な手鏡に出あうことが困難であることに気付きます。

写真の手鏡は、歯科医院の治療過程で、患者が持たされるものです。歯以外に意識がいかないように、楕円形をしていると説明書きがありました。ひずみのない普通のガラスの鏡で、手にもってちょうどいい大きさの手鏡の名称は、たしか「患者用ミラー デミー」だったと思います。歯医者さんで取り寄せてもらうと数百円程度のものです。

顔や髪の手入れをするための手鏡はどうしてもその用途のために大きめですから、歯をみがくには、歯をみがくための専用ミラーを手にいれたいものです。

洗面台の前から解放されて、その辺を歩き回ったりすると、結果的に長い時間丁寧に歯をみがくことができます。さすがに手鏡をもって歯をみがきながら本を読むことは難しいですが、鏡を見ながら適切な角度で歯ブラシを歯にあててみがくことの効果は大きいと知ることができるでしょう。