日本語辞書

lexicon.jp

TOP→リアルフォース

良質のキーボードを使う

リアルフォースとは、デスクトップPCの文字入力装置。静電容量無接点方式という独自技術で、軽い打鍵感を実現。押下時に摩擦やブレがなく秀逸な打ち抜き感と安定感をもつ。長時間入力において疲れない。操作時に、視野の端でキー配列の境界を識別できるように、文字・数字キーは白。エンター・シフトなどの操作関連キーを灰色に塗り分けたものは実用性に優れる。軽荷重かつ実用性配色の機種は存在しないため登場を望みたい。

パソコンユーザーにとって、良質のキーボードとの出会いは、とても大切なことです。私は当初はIBMのThinkPadのキーボードの良さを実感してきました。トラックポイントこそ、マウスなしでPC操作を完結できる優れた機構だと思ってきました。しっかりと打ち抜けるキータッチの良さ。ぶれない安定感をもったキーと合わせてIBMのキーボードこそ最良だと考えてきたのです。しかし、話をデスクトップPCに持って行くとき、疲れずに打鍵できる安定したストロークのキーボードを求めると、トラックポイント付きIBMキーボードの雑誌のレビューはあまり好ましい印象をもてるものではありませんでした。そこに来て、このリアルフォースは、軽いタッチで長時間入力ができるとするレビューが多く、期待を持たせられるものが、ありました。現に購入して使用していますが、そのレビューに偽りはないといえます。安いパソコンに付属するキーボードは、打鍵において、キーが摩擦で押下しづらく、指が疲れるものでした。また、職場にある数年前の富士通パソコンのキーボードは、入力がしやすくそこそこ良品なのですが、キー入力時にブレがあり、やはり長時間入力において疲れるものでした。このように偉そうなことを、書いているのは、そこにリアルフォースを使っている、そのリアルフォースを基準として考えてのことです。ですから、このキーボードなしには、こうした能書きは表明できなかったことでしょう。東プレ株式会社

辞書関連項目



更新記録