日本語辞書

lexicon.jp

最終更新日:2017年10月16日

ワールドワイドウェブは、自由なハイパーリンクによって成り立っています。誰もが情報を発信することで、世界規模の電子辞書編集に携わっているともいえそうです。ワールドワイドウェブはあらゆる分野を網羅する電子版レキシコンといえます。

子 論語の省研究:「現代語訳 論語」という本があります。岩波現代文庫の一冊で著者は宮崎市定先生です。論語の読み方は、かつて歴史の中に失われており、後の世に解釈されて今日の姿に定まるなかで、もとの意味が行間に塗り込められてしまったことを知ることができます。多くを解き明かしておられる宮崎先生の本を読むことで、論語の読み手としてのアプローチがあっても良いと思えてきます。自由に読み、こう述べて欲しいと読み、そうは言わないはずだと読む。こうして生きながら考えて自分なりに読んでみたことを論語の省研究(しょうけんきゅう)として公開しています。論語の省研究

肥後守 趣味の小物:趣味の小物の特集です。肥後守やステッドラー、ステンレス水筒、学校机、リアルフォース、革財布など、さりげなくこだわりの小物を紹介しています。趣味の小物の特集

コーヒー豆 コーヒーについて:コーヒー豆を挽いて、ドリップ式で抽出する。コーヒーの香りと味わいは、時間を楽しむことで、より深みを 増すものです。一方、コーヒーは、時間を苦しむ徹夜仕事のお供にもなりますが……。しかし時間を楽しむ上では、豆を挽く、手挽きミルも一台手元に置きたいアイテムです。コーヒーについての特集

道路は英語のロードではないようです。論語に道路という言葉が出てきます。思い立っては新たな項目を付け加えつつ、その他の特集の過去ログはフッターにリンクを設けています。このサイトは、それぞれのページについて、意味のあるように心がけて編集していますので、トップページから、それぞれのリンク項目を参照下さると幸いです。また、わかりにくいですが、「あ」、「い」などの、索引文字にもそれぞれの辞書ページへのリンクを設定していますので、ご利用下さい。よろしくお願いいたします。(辞書編集者)

このWEBサイトは、2006年3月1日に運営を開始しました。