日本語辞書

lexicon.jp

TOP→アルミシューホーン靴について

アルミシューホーン

アルミシューホーン靴の脱ぎ履きは、一日に何度も起こる出来事です。お客さまを訪問する際はもちろん、職場内では、ラフなサンダルで過ごし、外勤には革靴に履き替えるといったこともあるでしょう。

靴べらがなければ、その度に無理に靴を履こうとして、かかとを踏んでしまうことになります。また指でかかとを広げて履いたりすることも、ストレスの原因ではないでしょうか。だからこそ「携帯用靴べら」が必要です。毎日携行すれば、一日に何度も発生する靴の脱ぎ履きストレスから解放されます。

ところが、携帯用靴べらといっても、何を選んで良いのか難しいです。私の感想では長さが8センチ5ミリ程度しかない製品では短いと思います。かといってあまり長いものは携帯できないので困ります。そこで川のような通販サイトでアルミシューホーンを選びました。

シューホーンの大きさ長さが14センチ3ミリ。重さが61グラム。最大横幅が4センチ4ミリ。最大肉厚が6ミリほどあります。適度に磨かれたアルミ製で、肉厚にして強度があるため、折れる心配はなさそうです。使いやすさもまず良好です。

これを鞄のサイドポケットに入れて携行すれば日々のストレスの1%は解消されるに違いありません。よく人生のうち3分の1は睡眠時間だと言います。その言葉になぞらえて、人生のうち何分の1が靴を脱ぎ履きする時間かは分かりかねますが、意外に大きなウェイトを占める日々のストレスを解放すべく、皆さまも、それぞれにあった靴べらに出会ってほしいと思います。

辞書関連項目



更新記録