ゆうえつかんとれっとうかん(優越感と劣等感)
子供は親の保護を受けて安心感を得ながら知識や運動能力を習得し、大人として生活するための能力を培う。学校などで、保護を与える側と受ける側との対応関係にアンバランスが生じると、良くできることがほめられる対象となり、できないことが怒られ、存在を省みられないことにつながる。相対的に他者よりも優越であることが保護される安心感につながり、劣等であることが保護されない不安感につながる。このとき、優越であることの安心感を優越感といい、劣等であることの不安感を劣等感と呼ぶ。この感情は、保護を受けて育つという子供の精神状態を前提としている。優越感と劣等感の用語解説へのリンク
ゆうせんざせき(優先座席)
公共交通の乗り物等において、誰が座っても良いが、先着権は認められておらず、後から乗って来たお年寄りや体の不自由な方に譲るべき特別な座席。こうした座席を設けることで、他のすべての座席をも譲りあう辞譲の文化が定着する。
ゆうびんついせきさーびす(郵便追跡サービス)
郵便追跡サービスの用語解説へのリンク
ゆうれいどうさ(幽霊動作)
人感センサーの故障した自動ドアの異常な動作をいう。人が近づいていないのに開いたり閉まったりすること。
ゆびにごちゅうい
ゆびにごちゅういの用語解説へのリンク
ゆびわ(指輪)
特定の交際相手がいることや、既婚であることを対外的に示すために指にはめる金属製の環状封。精神的な拘束力を有する。
ゆめ(夢)
目の前にないものをあるように認識することができる能力をいう。それゆえに人は、常にそのことを欲し続けることができる。夢の用語解説へのリンク